女性 薄毛対策 ピル 効果

女性の薄毛対策にピルを使うのは有効?ホルモンに作用する以外な育毛効果とは

 

男性向けの薄毛対策の商品がCMなどで大量に紹介されているのに対し、女性向けのものってなかなかないですよね。

 

また、治療法についても男性の方が女性よりも使える治療薬が多く、女性の薄毛改善方法はなかなか発展しているとは言えない状況です。

 

では、逆に女性だから使える治療薬はないのでしょうか。ピル(経口避妊薬)は数少ない女性のみが使える治療薬です。

 

女性の薄毛にはホルモンバランスが関係していることが多く、ピルはその点で非常に有効だと言われているようです。

 

しかし、本来は経口避妊薬なので、薄毛のために使ってよいのか、というのは問題となっています。

 

では、本当にピルは薄毛改善に使うことができるのか。効果はどのくらいなるのかということについてまとめたいと思います。

 

 

ピルは本来何のために使われるものなの?

 

まず、ピルとは何なのかということについてですが、
経口避妊薬という名前があることからも分かるように、避妊のために作られたもので、薄毛改善のために作られているわけではありません

 

しかし、ピルは避妊のためだけでなく、子宮内膜症などの治療にも使われており、絶対に避妊のためだけに使わなければならないというわけではありません。

 

ピルの服用によって女性ホルモンの量が増え、子宮の内膜細胞が増殖しないようにしたり、妊娠の原因となる排卵を抑えたりすることができます。

 

つまり、ピルによって何かしらの原因で減ってしまった女性ホルモンを補充することで病気を治すこともできるということです。

 

ホルモンバランスが原因となるものには生理不順などもあり、これにもピルが用いられます。

 

といっても、ピルはホルモンバランスを整えるのではなく、女性ホルモンを増やす効果しかありません。

 

量や期間を決めて服用しなければならないという特徴もあり、医師でもホルモンを扱うのは非常に難しいんです。

 

 

ピルは薄毛にも使える?

 

ピルはホルモンの量を増やす効果があり、非常に扱いが難しいため、医師の診断が必要なのですが、実際に薄毛治療にピルは使われています。

 

しかし、どんな薄毛にも効果があるというわけではありません。ピルの効果からも分かるように、女性ホルモンの不足によって引き起こされているものにのみ効果があるんです。

 

ピルには副作用もありますし、扱いも難しく医師に処方してもらう必要があるため、なかなか積極的に使いたい手段ではありません。

 

実際、薄毛治療専門クリニックでもピルで薄毛治療を真っ先に行うことは少なく、他の方法を検討することが多いです。

 

ピルを薄毛のために処方してもらうのは婦人科ではあまりしてくれない可能性が高いです。

 

ピルに代わる治療薬として、ミノキシジル外用液などが女性用の薄毛治療薬として海外で人気になっています。

 

これらは日本への輸入もあり、副作用も少ないので、こうしたものを利用するといいでしょう。

 

冒頭で女性用の薄毛治療薬の発展は遅れていると述べましたが、最近では多くの国が開発や販売を行っているので、今後もどんどん薄毛治療薬は増えていくはずです。

 

そうしたものから選んだほうがピルを使うよりもいいのではないかと思います

 

もし、明らかに女性ホルモンが不足していることが原因で薄毛になっており、ピルを利用して治療するというのであれば医師の指示に従って、自分の体調の変化などに気を配りながら服用するようにしましょう。

 

ピルは女性ホルモンを増やす効果がありますが、同時に脱毛の原因となることもあります。薄毛治療に使う際にはこの点についても理解しておきましょう。

 

 

ピルを飲むのをやめたらどうなるの?

 

ピルで女性ホルモンを増やしているのに、ピルの服用をやめてしまったらどうなるのでしょうか。

 

ピルを服用している間は女性ホルモンが非常に多くなっているので、急に元に戻ると一時的に抜け毛などに悩まされることがあります

 

もちろん一時的なので、ホルモンバランスがその後に安定すれば、すぐに抜け毛は収まります。

 

しかし、安定せずにそれをきっかけにホルモンバランスが乱れてしまったり、他の要因が組み合わさったりして抜け毛が続く可能性もあります。

 

もしそうなってしまったら、早めに医師に診てもらう必要があります。